復縁

お知らせ!

2017/5/2(火)開催の40名限定「夫婦関係の修復講座」は、満員御礼のため本日(4/28)をもって応募を締め切りました!
2017/4/8(土)開催の70名限定「復縁講座」は、満員御礼のため本日(4/2)をもって応募を締め切りました!
2017/3/11(土)開催の70名限定「復縁講座」は、満員御礼のため本日(3/2)をもって応募を締め切りました!
今回参加できなかった方は、次回開催までお待ちください。

こんな悩みが多い!復縁の恋愛相談(電話)で最も多く寄せられる内容とは

当サイトに多く寄せられる彼氏との復縁に関する恋愛相談(電話)の内容についてまとめています。冷却期間の言動や連絡の仕方、彼氏に振られたときの動き方、振った彼氏を見返す方法など毎日沢山の恋愛相談が来ます。多くの女性が悩む復縁のアプローチは早期に恋愛相談することで、そのほとんどが解決出来ます。

恋愛相談の受付
復縁に関する恋愛相談(電話)はこちら

彼氏に振られたけどやり直したい

当サイトの恋愛相談でも群を抜くほど多いのが「彼氏に振られたけど復縁したい」という相談です。彼氏に振られた後スグ連絡くれればいいのですが、月日が大分経ってから恋愛相談してくる方が多いので結構深刻な状況に発展してしまってるケースが多いのが現状です。

復縁するにはカレの心理状態をしっかり分析した上で、戦略を練っていかなければいけません。間違った言動は「しつこい女」「ウザい」というレッテルを張られ、状況を悪化させる恐れがあるからです。更に冷却期間にしつこく連絡すると既読スルーやlineブロックといった音信不通な状態に陥るケースもよくあります。

このような状況を避けるために、彼氏に振られた後やアクションを起こす前に恋愛相談してくれた方が復縁の成功率は格段に上がります。

冷却期間中のカレに連絡しても出てくれない

間違った復縁方法でアプローチすると既読無視やLINEブロック(着信拒否)といった状況になりかねません。特に連絡頻度が下がってきたときは危険信号。あなたの優先順位が低いがために相手は連絡してこないだけなので無理は絶対禁物です。

多くの女性が冷却期間中の男性心理を無視して寂しさや不安から連絡してしまうため、復縁できない状況に陥ります。仮に復縁できたとしても離れた気持ちを取り戻す前に、よりを戻してしまうため復縁できたけどスグに別れたなんてことも良くあります。

冷却期間中の連絡は効果的なタイミングを見計らって行うのが大前提です。音信不通の状態になってからでは打つ手がなくなってきますので、早めに恋愛相談して下さい。

付き合ってるときからsex・会う回数が少ない

交際してる時から会う回数が少ないカップルは高い確率で彼氏に振られるケースが多いです。復縁の恋愛相談でもよく説明してますが、会う回数が少ないと様々な要因が複合的に絡み合うためです。

会う回数が少ないと傍にいないのが当たり前の環境なので、あなたと付き合う価値が見いだせなくなっていきます。時間の経過とともにその考えが肥大化し、更に男の性欲や欲求を満足させれないので既に浮気に走ってるケースも良くあります。

上記は一例でしかありませんが当てはまる場合は要注意!手遅れになる前にスグに恋愛相談して下さい。

別れた彼氏に新しい彼女ができたっぽい

復縁したいけど元彼に新しい彼女ができたという恋愛相談。彼氏に別れを切り出され振られるケースや浮気からの発展型、復縁の冷却期間が長引いた場合などに新しい彼女ができる傾向が多いです。いづれにしてもこれらは早期に恋愛相談してくれればほとんど解決できる内容です。

カレに新しい彼女ができたらその相手から略奪愛することになりますがルールがあります。この略奪愛のルールを守らないとその後に恋愛トラブルに発展するケースが多く結局彼氏に振られるといったループ状態に陥ります。

新しい彼女から略奪愛するには手順が重要です。早めに恋愛相談してくれれば極力トラブルにならない方法であなたの元に彼氏が戻ってくるようアドバイスします。

私を振った元彼を見返したい

どうせ復縁できないなら腹の虫が治まらないから、振った元彼を見返したいと言った恋愛相談もかなりあります。中には復縁工作や探偵などに依頼したのちに恋愛相談してくる女性も結構多く、お金がかかってる分復讐心もかなり強いことが推測できます。

当サイトの恋愛相談では合法的に元彼を見返す方法でならアドバイスできますが、上記のような犯罪に繋がりかねない危ない内容はお受けできません。多額のお金をかけて業者に依頼しなくても元カレを見返す方法はいくらでもアドバイスできます。

どうしてもあなたを振った元彼を見返したいなら、復縁工作や探偵などに依頼する前に恋愛相談して下さい。

恋愛相談の受付
復縁に関する恋愛相談(電話)はこちら

Return Top