夫婦関係

お知らせ!

2017/5/2(火)開催の40名限定「夫婦関係の修復講座」は、満員御礼のため本日(4/28)をもって応募を締め切りました!
2017/4/8(土)開催の70名限定「復縁講座」は、満員御礼のため本日(4/2)をもって応募を締め切りました!
2017/3/11(土)開催の70名限定「復縁講座」は、満員御礼のため本日(3/2)をもって応募を締め切りました!
今回参加できなかった方は、次回開催までお待ちください。

夫心を攻略せよ!「家庭内別居」危機から「仲良し円満夫婦」へ!

心が離れ、会話もなくただ同居しているだけの状態 -「家庭内別居」。日常的に繰り返されるからこそ、苦しく辛いものですよね。でも大丈夫。ラブラブ円満夫婦修復へと向かう道はあります。その鍵は、旦那さんの心を理解し、あることを行動していくことです。
後戻りできず後悔する前に、円満夫婦への一歩を共に踏み出してみましょう。

まだ大丈夫、諦めないで!

家庭内別居とは、「お互いに口をきかない家庭生活」の状態を指します。食事は別々でも生活費は折半でも、それは「取り決め」に過ぎないとも言えますが、顔を合わせても何も言わないのは「結婚生活」とも「同居」とも残念ながら言えないレベルに陥ってしまっています。

簡単に言うと、家庭内別居修復の鍵は「会話の復活」です。

結婚生活で夫婦の会話がある日突然途絶えることはありませんよね。口も利きたくないという状態になるまでには、必ずステップを経ています。ここでは、まずどのようなステップを経てきたのか整理してみましょう。

夫婦の会話がなくなるまでのステップ

  1. まず、夫の返事のタイミングが微妙に遅れてきます。
  2. 「遅れる」から、ときどき「返事がない」にエスカレートします。これはまだ「無視」ではなく、内心の不満が言葉にならない状態です。
  3. 夫の返事がないことに反応して、口数を減らしたり、あなたも返事をしなくなると、しだいに会話が途絶えることになります。
    1. 「口も利きたくない」は、実は相手の無反応に対する怖れ

      このようにステップに分けて見るとわかるように、会話が途絶える心理的な背景には、「無視されることへの怖れ」があります。また、無視されたときの怒りの記憶が口を利く前によみがえるのが、「口も利きたくない」という心理となります。

      したがって「口を利くのもいや」という気持ちが、相手の人格に対する深刻な不信や軽蔑でない限り、実は「会話の復活」と「夫婦関係の修復」は可能なのです。

      口も利きたくないと思い込んでいても、本当はお互いに口を効けない心理状態に縛り付けられているだけのことが多いのです。

      「家庭内別居中」の男性心理を解体!

      家事や育児、両立などで日々追われ心身共に疲れることも多いと思いますが、夫もストレスフルな生存競争にさらされ、日々奮闘し続けています。

      ここでポイントは、仕事のストレスを抱えているからこそ、夫は家庭でのストレスに対しては許容範囲が狭いということです。家庭では安心してリラックスできる場を求めているため、小さなストレスにも反応し、蓄積していく傾向があります。

      したがって、家庭内別居はきわめてストレスフルな状況なので、旦那さんは「なんで俺がそんな目に」と思い妻に対して強い不満を持っているのが実態です。

      家庭内別居の男性心理の根底にある「被害者意識」

      このように、家庭内別居という状況を夫は「被害者意識」でとらえているのが通常です。被害者心理には次のような特徴があります。

      1. 自分は大切に扱われていない
      2. 自分は優先されていない
      3. 自分のやっていることが正しいと思われていない
        1. 家庭内別居にいたる前には、夫はあなたの言動からこのような被害者心理を刺激されてきたはずです。これはある意味で夫の甘えですが、善しあしは別にして男性心理の現実であり、関係修復する上で重要なポイントとなります。

          被害者意識は承認欲求の表われ

          したがって家庭内別居は、夫が「オレを認めてほしい」という承認欲求が満たされることをあきらめた状況です。

          またあきらめたとはいえ、おはようの挨拶もない、目も合わさないなどの妻の行動によって、日々承認欲求を否定され続けている状況です。

          しかし、夫にあなたからの承認に対する欲求が完全になくならないうちは、関係の修復が可能です。

          人は承認欲求が満たされないことに慣れることはできないので、その状況が続くと自己防衛のために、あなたの人格の否定しようとします。

          平たく言うと「あんな女にどう思われようとかまわない」という心理が生まれるのです。そう思うと家庭内別居のストレスは減りますが、関係の修復は困難になります。お互いに相手を軽蔑している関係は修復の見込みがありません。

          夫婦関係の修復は、家庭内別居で夫にストレスがあるうちに行うことが勝利への道となります。そしてすべきことは、夫の承認要求に応えることが鍵となります。

          ここは絶対に押さえて!夫婦関係修復までの「必要なステップ」

          日常会話の能力は、男性よりもやはり女性が圧倒的に優れています。円満な夫婦は妻がおしゃべりの傾向があります。夫は妻のおしゃべりをうるさいとは思いながらも、自分へのある意味の承認ととらえて満足しています。

          修復の第一ステップは話しかけること

          家庭内別居の本質は「会話が途絶えること」なので、その修復の第一ステップは「話しかける」ことです。

          ろくに返事もしない夫にあきもせずに話しをするのが円満な夫婦だとすると、無視する夫にひるまずにときどき話しかけてみるのが家庭内別居の修復の第一歩です。

          自分から話しかけることに不公平感を感じるかもしれませんが、もともと何でもない会話が苦手な男性にそれを求めてしまうと、会話の断絶が長引くばかりです。

          相手に反応を強制しない語りかけから始めよう

          突然夫の食事を作りだしたり、洗濯を始めるのは、相手も何か反応せざるを得ないので逆効果になりがちですが、話しかけられるだけなら無視することができます。

          できれば、相手に無視したという意識が残らないような、とくに返事を必要としない語りかけから始めることがベターです。

          話しかけられる夫の心理変化は、ひと言でいうと「自尊心の回復」です。承認欲求の満足と言ってもよいでしょう。表面上は無視を続けるとしても、夫の別居中のストレスはその分確実に軽くなります。

          帰宅時間で分る夫の心理変化

          夫への効果は、帰宅時間が少し早くなることで表れます。あいかわらず帰宅するとそさくさと自分の部屋に閉じこもるとしても、帰宅時間が確実に以前よりは早くなると第一ステップは成功です。

          夫の帰宅時間がある程度早くなったら、次のステップに行きましょう。「○○ちゃんのお土産だけど、一人じゃ食べきれないからよかったら食べて」など、相手の行動が必要な語りかけも心がけてみましょう。

          実際には夫はお土産を食べなかったとしても、夫の心理の中ではもう1ステップ上の承認欲求が満たされています。

          毎日共に暮らしているからこそ注意したい!修復時のポイント!

          夫婦関係修復時に気をつけたいのは、次の3つのポイントです。

          1.トラウマを再演しない

          夫婦関係修復のプロセスに入ったときに最も注意したい点は、夫婦関係が壊れるきっかけになったトラウマの再演をしないことです。

          自分の側の親戚との(夫から見て)過剰な付き合い、子ども勉強や進学先への過剰な干渉、夫が帰ってからの友達との長電話など、きっかけはさまざまでしょうが、その再演はただちに夫の心を元の木阿弥に戻すことになります。

          2.子供を修復の材料にしない

          親の不和に対する子どもの不安を、夫婦関係修復の材料にしないことが大切です。それは夫もいちばん罪悪感を持っている点なので、そこに触れられると非難されたという意識になります。

          罪悪感は被害者意識に結びつきやすいので、「そもそもお前がわるいんだろう」という心理を生みがちです。

          3.夫が使いやすい家にする

          食事や洗濯を別にしている状況なら、それを早く元に戻すことよりも、夫が食事の準備や洗濯をしやすい環境を作ることが重要です。先に入浴するときは、夫が使いやすいように浴室内を整頓しておきましよう。

          夫も使う家であることにできるだけ配慮することは、夫の承認欲求を満たすことにつながります。

          夫婦破綻状態から修復できる女性の特徴

          性格を直すのは難しいことですが、次のような特徴であなた少しでもあてはまる点があるなら、夫婦関係の修復は可能です。

          1.友達がたくさんいる

          友達がたくさんいるのは、相手の欠点ではなく美点を見る能力がある証拠です。人の欠点ばかりが目について、いつも腹を立てている人に友達はできません。

          人の美点を見ることができる女性なら、いまは夫の欠点ばかりが目についているかもしれませんが、夫の美点にも気づくはずです。

          2.相手の悪意に敏感でない

          相手がどう思っているかを過剰に気にする人は、相手の悪意に敏感な人でもあります。相手もそれを察するので、お互いに悪意が前に出がちで、長く人間関係を結ぶことが難しくなります。

          人の悪意にはある程度鈍感な女性の方が、夫とも良好な関係を築きやすいものです。悪意に鈍感な人には悪意そのものが向かいにくいのです。

          3.察しが良すぎない

          上記と似ていますが、万事に察しの良い人はかえって付き合いにくいものです。夫から見ても、毎日いっしょにいるには疲れる相手です。

          察しがわるくおっとりしている女性は、相手をイライラさせることはありますが、人を緊張させない美点があるとも言えます。妻にするには決してわるくない特徴です。

          今日は彼に何個心のプレゼントをしましたか?

          プレゼントの本当の意味は、すでに何かの形でもらったプレゼントへの「お返し」です。

          ボタンのかけ違いで家庭内別居になっていても、夫の心にその前にあなたからもらった心のプレゼントの記憶があれば「別れたい」と本気で思うことはありません。それは、まだお返しが済んでいないからです。

          夫が「別れたくない」と思う女性

          過去のプレゼントとは、例えば夫の転職で経済的にピンチになったときに、妻が生活ランクを落とすことに不平を唱えなかったことなどです。

          男性は順風満帆のときには怪力を発揮しても、逆境にあうと意外にすぐしょぼくれてしまうものです。そんなときには女性の根拠のないプラス思考が何よりの救いになります。

          結婚生活は心のプレゼントのやりとり

          ことさらプレゼントとは意識しませんが、結婚生活は心のプレゼントの無限の応酬です。その応酬が途絶えそうになるのが家庭内別居ですが、夫婦関係修復の役に立つのもこのプレゼントしかありません。

          あなたも大丈夫!「ここから」一緒に一歩を踏み出しましょう!

          家庭内別居中の心プレゼントとは、話しかけることです。それまでのいきさつを無視して、1日に1回でも2回でも夫に話しかけてみましょう。

          男性は自分が口を効かないことは棚に上げて、妻の無言を最大の攻撃と受け取ります。それによって承認欲求が満たされないことが大きなストレスとなり、自尊心を守るために殻に閉じこもります。

          その硬い殻を破るのに第三者の説得などは効果もなく、夫を生きた人間と認めるあなたの話しかけこそ、最も効果があるのです。

          また、言葉をふくめた人間関係でのパフォーマンスには、本人が意識しないその人のものの見方、考え方の癖がでます。その癖に気づくことも夫婦関係修復の大切な鍵の一つです。そのような癖は無意識に出てしまい一人では気がつくことが難しいものです。関係修復後にラブラブ円満夫婦になる鍵にも繋がるので、自信がない方は一度夫婦カウンセラーである、るーちん先生の恋愛カウンセリングを受けることがおススメです。

Return Top