復縁

お知らせ!

2017/5/2(火)開催の40名限定「夫婦関係の修復講座」は、満員御礼のため本日(4/28)をもって応募を締め切りました!
2017/4/8(土)開催の70名限定「復縁講座」は、満員御礼のため本日(4/2)をもって応募を締め切りました!
2017/3/11(土)開催の70名限定「復縁講座」は、満員御礼のため本日(3/2)をもって応募を締め切りました!
今回参加できなかった方は、次回開催までお待ちください。

復縁期間はどれくらい?別れから平均5か月以内に復縁できる理由とその現状

元彼との別れから復縁までどのくらいの冷却期間を要するのか?という相談をよく受けます。復縁期間は長くても平均5か月以内に成功してるパターンがほとんどで、早ければ1ヶ月程度。ポイントは復縁までの期間が長ければカップル後の付き合いもうまくいく可能性が高いということ。この理由について詳しく解説していきます。

こんな人にオススメ!

  • 別れた彼氏との冷却期間は平均どのくらいか知りたい
  • 成功率が高い復縁期間を教えてほしい
  • 復縁期間の差で何か違いはあるの?
  • 一日も早く復縁したい
  • 既に嫌われてる状態での復活はあり得るのか?
  • 恋愛中に別れを繰り返してきた

別れ方や冷却期間によって全く違う復縁期間

元彼と復活までの復縁期間で多いのが「1ヶ月」「3ヶ月」「5ヶ月」「半年以上」と復縁できないケースを除き、平均5か月以内に成功してるパターンがほとんど。この復縁期間の差は別れ方や冷却期間の過ごし方によって変わってきます。

復縁までの期間を短縮するには冷却期間の言動が重要で、多くの女性が間違った手順を踏んでしまうため復縁期間が延びてしまうことも多くあります。元彼の心理状態に沿った復縁方法を実践すれば、平均5か月以内に復縁できるのでこれを目安に計画を実践するようにしていきます。

なぜ5か月以内に成功する女性が多いのか

冷却期間中の男性心理が大きく関係してるのですが、あなたが彼氏に振られた側のとき別れた直後の男心は「自由になれた」と開放感でいっぱいです。このときにいくらアプローチしても元彼からすると「ウザい女」としか思われません。

別れて1ヶ月~3ヶ月経つと徐々に「寂しさ」を感じ始めます。この時期を見計らってアプローチし始めると成功率が格段に上がるので、平均5か月以内に復縁できる女性が多くなるわけです。逆に復縁できない女性はこの前に連絡してしまい復縁期間を自ら延ばしてしまっているのです。

復縁期間が5か月以上の長期化が予想されるパターン

復縁の恋愛相談で最も多いのが長期化が予想される言動や別れ方をしてるケースです。下記に当てはまる人は復縁までの期間が5か月以上に延びる可能性があります。

  • 着信拒否され音信不通が続いてる
  • 冷却期間に興味を惹くために嘘をついた
  • あなた自身が浮気など別れの原因を作ってしまった
  • 元彼に新しい彼女ができた
  • 自分の気持ちをさらけ出したアプローチをしている

復縁期間を5か月以内に短縮するには最低でも連絡手段の確保は必須ですが、上記のような別れ方や現状だとどうしても相手のアクションによって左右されるので、相手の出方を見ながら復縁方法を模索していく必要があります。無理に復縁期間を短くしようとするのはリスクが高いので注意が必要。

復縁期間を5か月以内に短縮する方法とは

復縁の期間を5か月以内に短くするには冷却期間におけるあなたの言動と相手の行動によって短縮することが可能です。よりを戻す基本は相手を振り向かせるように仕向けることが大切。下記の言動があれば今すぐ見直してください。

  • 冷却期間に恋愛中と同じように連絡している
  • 復縁したい気持ちを相手に伝えた
  • 肉体関係を続けてる
  • 友人などに相談している
  • 一方的に復縁メールを送っている

復縁期間を短くするには冷却期間に上記の言動は絶対NG。別れたあとの1か月は連絡を遮断し会ったりするのもNGです。復縁するには相手を仕向ける他にも帰ってきやすい環境を整えることも大切です。友人などに相談すると相手が気まずく戻りにくいので注意して下さい。

Return Top